再振動締固めラスターフロア工法

物流倉庫床や工場床等に最適な耐久性の高い床仕上げです。
(※再振動締固め・・・特定の機械を指すものではありません。)

  •  

  • ラスター磨き

  • 洗浄・美装一式機械

  • 再振動締固めラスターフロア工法 仕上り

特色

  • 表面硬度が高い
  • 床の耐久年数が長い
  • 美観に優れている
  • 表面クラックを最小限に抑制できる
  • 清掃管理が簡略化できる

工法

  • コンクリートをしっかり締固め密実なコンクリート内部を形成
  • 特殊鏝による光沢(ラスター下地)仕上げにより表層部を傷めることなく硬度を確保する。
  • 最適な湿潤養生期間を設け養生終了後、表面硬化剤を塗布
  • コンクリート強度が確保できた後、高性能研磨機で磨き上げる。
  • 表面を深く研磨するのではなく、表面硬度を更に高く確保するための磨き上げ工法である。
  • 更に二度目の表面硬化剤を塗布することで耐久性を維持、自動床洗浄で清掃し完了となる。

省力化

  • この工法では、コンクリートの打ち込み作業から洗浄作業までを1社で施工することで元請けの管理業務を削減し、施工側の品質管理を向上させることが目的です。
  • 再振動締固めラスターフロア工法は、左官工事を長年施工してきたモノリスコーポレーション㈱と表面硬化剤・研磨美装で多くの実績を持つ㈱プラクティス社との業務提携による共同施工です。
  • 互いに持つ問題点や課題を早期に話し合い、共同施工ならではの一体施工により更なる品質向上に努めております。

商標登録証:ラスターフロア

  • 「ラスターフロア」は商標登録第5349755号にて商標登録させて頂いております。